東京で働くサカマタの社畜ブログ

仕事観・稼ぐこと・生活していく中で日々学んだ内容を綴っています。

他人事よりも自分事を優先しよう

まずは誤解の無いように言っておきますが、他人を蔑ろにして自分だけ良いおもいをしようなど、そういった内容ではありませんので。仕事の中で「他人のコトをあーだこーだと言ってる時間があるなら自分の今を見つめて、やるべきコトに時間を費やしましょう」というコトです。ヒトは不安やら不満が募っていくと、ついつい他のヒトに意識が向かいがちで「あのヒトがダメだから」とか「あのヒトが悪いから」といったコトを考えてしまいます。これってかなりの無駄で、他のヒトについて考えている意識と時間を浪費してしまっているんですよね。だったら、その分を自分のために使った方がより建設的で有益な結果へと繋げていくべきです。

 

仕事をしていると、こういった他人への不満に意識と時間を無駄に使ってしまっている状態は、ほとんどのヒトが経験しているかと思います。実際に私のまわりでも多くのヒトが同じ状態に陥っているのを見かけます。私もそうですし、その状態に陥っているヒトも意味が無いコトと分かってはいても、気づくと同じコトを繰り返しています。そうすると、どうなるかと言うと、溢れでる不満を愚痴としてまわり言うようになります。愚痴を言ってスッキリしたでひとまず落ち着きます。本来なら不満を解消することを目的とすべきなのに、いつしか愚痴を言うコトで、その場しのぎの解決になっています。これって意味ないですね。

 

そうならないためには、常に意識するコトが必要であり、愚痴で終わらせるのではなく、起きている事象に対してアクションをしていくことです。愚痴でとどまるヒトは大体は動いていません。何か不満となる事象が起きている時は、一度冷静になり、自分の達成したい目的が何なのか、そのために必要なアクションやプロセスが何なのかを整理するようにしましょう。誰だって感情的になってしまう時はありますが、決めた目的を達成するヒトというのは、常に冷静であり適切な判断を出せるよう心がけています。中には、感情的になっているように見えて、実は目的達成のための演出というコトをするヒトもいます。

 

他人を意識するあまり、自分のコトを疎かにしてしまっては、目的を達成することはできません。まずは自分のコトをしっかりと取り組み、その後に他人への不満になっているコトを解消するために動きましょう。そう考えていれば、他人のコトなど意識している隙は無く、自分にとって重要なコトだけに集中するようになり、不満など持っていられなくなります。まずは自分を優先することから始めていきましょう。

 

以上でーす。