リベラル社畜のほぼ日ブログ

主に仕事・生活・ブログ運営・WEBサービスについて綴っています。

年収1,000万円以上を稼ぐには「仕組みづくり」と「継続」

「まずは年収1,000万円稼げるようになりたい!」と仕事人なら誰でも1度は目標にしているかと思います。私もそうです。そして「これだけ稼ぐヒトはどんな仕事をしているのか?」「年収1,000万円に届く人って何なの?」ってなるわけですが、私のまわりで年収1,000万円以上稼いでいるのは、企業のオーナー社長、アフィリエイター、ブロガーの方々でした。それぞれ年収1,000万円どころか、それ以上を稼いでいるので凄いものですね。世の中は稼げるヒトは稼げて、稼げないヒトは一生稼げないのでしょうね。私もそこそこ稼げていますが、この人達にはまだまだ及ばないので、ただひたすらコツコツと頑張るだけです。

 

企業のオーナー社長、アフィリエイター、ブロガーと業種・職種はバラバラですが、共通しているのは「稼ぐための仕組みづくり」をしていることです。皆さん始めた当初は忙しかったですし、リスクも背負ってやっていますし、状況は全く違ってはいても人一倍努力をしていました。努力というと曖昧ですが、事業に対し考えて行動することに時間と労力を圧倒的に費やしていました。そして自分が動いて収益の上がる労働収益型のビジネスモデルでは限界があるので「仕組みにする」ということに取り組んでいました。

 

どの職種でも仕組みさせつくれば稼げるようになりますが、企業のオーナー社長は飲食業など選ぶ業界によっては、結構なリスクや負債を負うことになります。リスクを恐れるのはまったく問題ないですし、誰だって当たり前のことです。リスクをなるべく抑えるとしたら、アフェリエイターやブロガーなどのネットビジネスにすべきですね。しかし、初期費用が抑えられて、会社員の副業でもできるのでライバルは圧倒的に多いので継続した努力は必須になります。むしろ努力というか、まずは継続することが重要になります。稼げるようになるには工夫は必要になりますが、まずは「継続」できるかが試練になります。なかなか結果が出ない中で、諦めてライバルが脱落しても自分だけは生き残るのです。

 

どんなビジネスを始めるとしても、年収1,000万円以上になるには、まず目指すべきなのは「仕組み化」することであり、くわえて「継続」をすることです。社長でもアフェリエイターでもブロガーでも、努力をすることは必要です。諦めることなく、ただひたすら目標に向かって突き進んでいくことです。いろいろな誘惑や座席を味わったとしても、1に継続、2に努力、3に工夫をブラすことなく心がけていきましょう。

 

以上でーす。

 

私も愛読している、継続した努力で堅実なお金持ちになるための本質を学ぶならコチラの書籍をどーぞ。