東京で働くサカマタの社畜ブログ

仕事観・稼ぐこと・生活していく中で日々学んだ内容を綴っています。

給与を上げるには転職か?それとも副業か?

「給与がもう少し上がればなぁ…」「あと5万円…いや3万円でもあればなぁ…」と日々悩む方は多いことでしょうねぇ。

 

私も常々そうですから。今でこそ、まぁそれなりにマシな暮らしができるようにはなりましたが、何故かお金を求める欲求は尽きることがありませんね。

 

今の生活水準であれば、たいしてお金を使わなくても、将来に備えて貯蓄や投資などに回せるお金を出来る限り確保しておきたいです。誰しも、より一層の安心を求めるものです。

 

給与を手取り早く上げるなら転職

私もそうでしたか、数十万円、高ければ数百万円の年収を上げるなら会社を変えるのが早いです。

ワーキングプア的な状態なら、なお一層です。

私の場合は、数回の転職で一先ずは納得のいく額の年収まで引き上げていきましたが、人によっては、すぐ様いく可能性もありますね。

 

数万円を上げるなら副業

今の給与に加えて、もう少しお小遣いを増やしたい程度なら、副業が良いですね。

転職は大幅な給与UPに繋がりやすいですが、新しい環境に馴染むまでは、少し時間と労力を費やす必要があります。

しかし、今の会社は辞めたくないというなら、副業は最善でしょう。

それにしても、副業を公認している企業に所属しているのが前提なので、そうでないなら、まずは会社を移るのが先決になりますね。

 

理想的な流れは転職から副業

おすすめは、まずは転職してから年収を大幅UPしましょう。

その際に、副業を公認している企業であったり、副業に繋げやすい職種を選ぶようにするこのです。

その後に、土日祝日に少しずつ副業へと取り組んでいき、仕事に慣れてきて時間や体力に余裕ができたなら、平日の空き時間を使って、副業を加速させていきましょう。

 

アリ兼キリギリスのように生きる

西日本豪雨という災害で考えさせられた仕事環境について」でも書いたように、日本は特に自然災害による、社会不安的な不安にさらされやすいです。

それに伴い、自分たちの生活や仕事に予期せぬ変化が起きる可能性があります。

それが、一体いつなのかは、当然誰にも正確な予知はできませんが、そうなった時にどう出来るかを、今のうちに準備をしておくことはできます。

童話にある、「アリとキリギリス」のアリように、その時に備えていた人は、いざその時が訪れても上手くしのげることができます。

反面、キリギリスのように、楽観的に日々を過ごすことも大切です。

なので、キリギリスのように過ごしつつ、アリのように万全を整える行動を起こしておくことが最善の対策といえます。

私も引き続き、日々を楽しみながら、日々行動をしていきます。