東京で働くサカマタの社畜ブログ

仕事観・稼ぐこと・生活していく中で日々学んだ内容を綴っています。

家の建て替えで解体業者に見積もりをお願いした

家を立て直すにあたり、今の家を解体する必要があります。

 

新しく建てる家を発注する場合は、ハウスメーカーなどで、まるっとやってくれるのですが、何だかんだで高くついてしまうことが多いそうです。

 

「ハウスメーカー → 1次下請け → 2次下請け」という商流ができ、中間マージンが上乗せされてしまうので、必然的に高くなってしまうのですね。

 

解体業者に直接依頼すれば、中間マージンが発生しないので、その分安く済ますことができます。

 

ということで、見積もりを取ってみることにしました。

 

ただ、どこに頼めば良いかが分からないので、一括見積もりサイトから依頼することにしました。

 

解体工事の総合情報サイト「解体工事の匠」

f:id:sakamatanet:20180901144129p:image

 

一度に複数社への見積もり依頼ができるので、とても楽です。

 

私の場合は、3社に見積もりをお願いしました。

 

解体工事業社の担当者が、現地に来て対象の建物を見て上で見積もりをしてくれます。

 

日時の調整などは、サイトの運営サポートとやり取りするのですが、メールと電話で丁寧な対応をしてくれるので、とても良いですね。

 

こういった決め細かな対応は、仲介されている解体工事業社への信用にも繋がるので、とても大切です。

 

見積もり立会い日は、だいたい1週間〜2週間程先になるので、急いでいるなら早めの依頼が良いでしょう。

 

見積もり立会い日レポート

 

さて、見積もり立会いですが、1社につき、だいたい1時間くらいなので、計3時間の予定です。

 

解体工事A社

現地に向かう前に、事前連絡をしてくれたりと、サイトの運営サポート同様に丁寧な印象でした。実際に会っても、気さくで話をしやすく、とてもスムーズでした。

確認がスピーディなので、30分程で終わりました。

室内もきちんと確認されていました。

解体工事のウンチクも教えてくれたりと、勉強にもなりましたね。

質問や説明の後は、写真を撮ったりして、入念に確認していました。

 

解体工事B社

こちらも、対応が丁寧で、話をスムーズでした。室内には入りませんでしたが、入念にチェックをしていました。

まるまる1時間かかりましたね。

 

解体工事C社

先の2社は、お一人できましたが、こちらは2名でいらっしゃいました。

おそらく別の会社?なのかと思います。

簡単に質問されて、10分くらいで、「後はこちらで確認させて頂きますので」と、1番早く終わりましたね。

大丈夫かな?と少し心配にはなりますが、ここはプロにお任せということで。

 

暑い日なので、業者の担当者も大変でしたが、基本的には良い印象の方々でした。

一先ず、見積もりを待つのみですね。