リベラル社畜のほぼ日ブログ

主に仕事・生活・ブログ運営・WEBサービスについて綴っています。

ブログを始めてから50記事目のまとめ

2018年6月末にブログを始めて、ほぼ毎日1記事を公開すること、この記事で50個目なります。

 

とりあえずの50記事ですが、これまでいくつかブログ運営をしていましたが、過去最多なのではないでしょうか。

 

まずは1,000文字100記事を目標にしていますが、ひとまず半分に到達した、このタイミングで振り返りをして、残り50記事の作成に努めたと思います。

 

この記事では、ブログを運営することのメリット・デメリットにふれたいと思います。

 

ブログを運営するメリット

 

物事が整理できるスキルが上がる

その日に起きたことや、知ったこと・学んだことを、これまで以上に整理できるようになりました。

自分にインプットしたことを、記事としてアウトプットすることは、読み手にとっていかに分かりやすいかを、とても意識するので、自ずと整理されていくようになります。

 

文章作成能力が上がる

単純に文章を書く量が増えたので、以前よりも文章に起こす能力が上がりました。

まだまだですが。

頭の中が整理できるからこそ、文章にできるわけで、これを繰り返していたら、頭の回転もどんどん早くなっていくのではないでしょうか。

そう考えると、書きたい衝動が湧きまくってきます。

 

付加価値を提供しようとする欲求が増す

あくまで自分の思考整理のために始めたブログですが、せっかく書いた記事なので、出来れば多くの人の役に立って欲しいと思うものです。

なので、自然とより良いものを作ろうという欲求が出てきましたね。

仕事で商品やサービスを作っていくのに、良い刺激になります。

 

WEBマーケティングの知識が増える

付加価値を提供するとこに続くことですが、自分の持っているものを、どうしたら欲しがっている人に届けられるのか、そのためにはWEBマーケティングのスキルも必要になります。

私の場合は、本業と直結する分野なので最高ですね。

 

ブログ運営のデメリット

 

今のところは、特にありません。

 

面倒だなぁと思う時はありますが、書き始めればなんて事はありませんし、ただネタづくりが身につくまでは、ネタ出しに苦労しましたね。

 

先人の知恵を勉強させてもらいました。

関連記事:私が愛読するブログ運営に関する書籍まとめ

 

始めた当初は、何書けば良いのよってな感じでしたが、今は自然とネタが出てくるようになりました。

 

他にあるとすれば、このブログがより多くの人に読まれるようになった時に、賛否両論の声を受けることへの怖さでしょうか。

 

誰だって悪く言われるのは避けたいものですから。

 

以上、ブログ運営のメリット・デメリットですが、今は良いことしかなく、何よりも楽しいので、このまま続けていきます。