東京で働くサカマタの社畜ブログ

仕事観・稼ぐこと・生活していく中で日々学んだ内容を綴っています。

いまさらだけど仮想通貨のビットコインについて基礎知識をまとめてみた

2017年の熱狂からみると、かなり沈静化してしまった感はありますが、「仮想通貨って何?」「ビットコインって何?」という方に、基礎的な知識を解説します。

 

 

1.仮想通貨って?

セキュリティ対策のために暗号技術を用いた、インターネット上の通貨です。円やドルといった法定通貨や電子マネーとは異なり、ブロックチェーンという技術を用いることで、特定の国や機関による、中央管理を行っておらず、利用者によって、その価値が保証されています。国の経済情勢などによる、通貨価値への変動影響がなく、通貨価値の低い国々にとっては、資産を保全する手段の一つとして、自国の通貨を仮想通貨に交換しておくというケースもあります。 ただし、仮想通貨自体の価値変動はあるため、100%その価値を保持できるといことではありません。ですが、国外への送金のし易さ、旅行や出張時など、世界のどこでも利用できる「世界共通の通貨」として期待されており、加速的に普及が拡大しています。

 

2.ビットコイン(Bitcoin)って?

世界初の仮想通貨(暗号通貨)であり、基軸通貨とも言われ、法定通貨で言えばドルの位置づけです。その理由の一つとして、数ある仮想通貨の中でも圧倒的な時価総額6.4兆円(本記事掲載時点)があげられ、2位のイーサリアム(Etherreum)の2倍以上の価値をほこります。 ビットコインの価値変動が、他仮想通貨の価値にも大きく影響もしています。現状は、投資目的での購入する人が多いですが、日本国内でも利用できる店舗が増えてきており、便利な通貨として普及しつつあります。

 

3.どこで購入できるの?

仮想通貨の取引所/販売所があり、国内大手の「bitFlyer(ビットフライヤー)」、ハッキング事件のあった「coincheck(コインチェック)」が知られていて、他には「GMOコイン」「zaif(ザイフ)」などがあります。それぞれ、取扱通貨の種類やサービス内容が異なっています。口座(アカウント)を開設する場合は、よく調べた上で目的に合った取引所/販売所を選びましょう。

 

4.安全なの?

過去にマウントゴックス(MtGOX)という、ビットコイン交換所のシステムがハッキングをされ、多額のビットコインが盗まれるという事件が起きました。しかし、本事件はマウントゴックスのシステムや内部統制の問題によるハッキングであり、ブロックチェーン技術を用いた仮想通貨の仕組み自体には問題はありませんでした。 ですが、技術自体は問題ないとされていても、今まだに取引所/販売所へのハッキング等で、仮想通貨の盗難事件が起きています。これは、取引所/販売所のセキュリティの甘さ、投資をする上で知識が不足しているユーザーが多いことが原因としてあげられています。仮想通貨の取引を始める場合は、常に正しい知識を得ることが重要になります。

 

5.今後はどうなるの?

2017年は右肩上がりのビットコインでしたが、世界各国による規制や、ハッキングによる盗難などによる信用不安から、大きく価格は下げたものの、徐々に上昇傾向を取り戻しています。 今後も価値が大きく変動する可能性はありますが、未来の通貨として普及することが期待されています。