リベラル社畜のほぼ日ブログ

主に仕事・生活・ブログ運営・WEBサービスについて綴っています。

制度づくりに労働力を無駄に費やす会社は陳腐化する

会社の規模が大きく、つまり人が増えてくると制度づくりが必要になります。

 

労働基準法とか、会社運営するのに守らなければいけない法律があったりして、会社の成長とともに社内の制度が必要になるわけですが。

 

これまで見たり聞いたりしていると、どうでも良い制度まで作ろうとする、会社が結構あります。

 

顧客にサービスなどの付加価値を提供するのが会社の仕事なのに、自社の社員の管理が仕事になっています。

 

さらに、この制度づくりを幹部職がやるわけです。ハッキリ思うのが、リソースが少ない中、スピード感出して事業を伸ばすことが必要なのに、核となるポジションにいる人が、まったく生産性のないことばかりに労力を費やしていて、マジで無駄だと思います。

 

しかも、こういったことを特段にリソースが少なく、スピードが必要なベンチャー企業がやっちゃうわけですよ。

 

そうなると、幹部という高い給与をもらっている人は会社に利益をもたらさない訳ですよ。そうなると、幹部は自分の給与を稼がずに、部下などの若手が稼いだ利益で養ってもらうことになります。

 

いやいや、幹部さん利益出せよって感じですが。

 

私は管理することが仕事だからという主張もあります。人を管理するなんてのは前時代過ぎかと思いますね。

 

部下は管理するのではなく、支援してあげるのが上司の役割だと思います。

 

こういった会社の状態に、敏感に反応する有能な若手は、やはり離れていってしまようですね。期待していた若手が辞めてしまったという声はよく聞きます。

 

そしたら、別の若手に期待を寄せるのですが、関係が近くなってくると、いろいろ見えてくるものがあり、その若手も気づいて辞めてしまうという、負のスパイラルに陥っています。

 

その反面、この逆をやっているような会社は業績をグイグイ伸ばしていますね。生産性も高く、社員への束縛もせず、楽しそうにやられています。

 

管理なんて必要ないと言っていますし、ベンチャーで管理に注力しようとする会社は、遅かれ早かれ無くなるんじゃないですかね。

 

生産性、生産性と言いまくると、生産性だけではないという意見飛ぶかもしれませんが、生産性を重んじことは特別なことではなく、効率的にちゃっちゃとやろうする姿勢です。

 

それをやろうとしない会社、これからどんどん陳腐化していくでしょうね。

 

そんな会社に属している人は、なる早で生産的な会社に移った方が、自分の将来にとって良いと思いす。