東京で働くサカマタの社畜ブログ

仕事観・稼ぐこと・生活していく中で日々学んだ内容を綴っています。

非日常に浸りストレス発散したいならゾンビ映画だ

日々のストレスを発散できていない。海外旅行にでも行って、日常から解放されたいと思っても、時間やお金がなくて難しい。

っというのとは、釣り合わないかもしれませんが、私の場合はゾンビ映画を見て、日常から自分を解放しております。

結構前の作品になりますが、今観ても面白いです。

 

ストレス発散するならゾンビ映画まとめ

 

ワールド・ウォーZ

プラット・ピット主演の作品です。舞台がフィラデルフィア、韓国、イスラエルなど、世界を股にかけるので、他の作品よりも世界中で起きているという、壮大な印象を受けます。

ブラピ演じる、元国連職員ジェリーが優秀過ぎて、かっこ良すぎます。ゾンビの量も半端なくて、体当たりで迫ってくる勢いも、怖さというか、もう爽快な気分を感じさせるほどです。何度でも観たくなる作品です。

ワールド・ウォーZ (字幕版)

 

アイ・アム・レジェンド

ウィル・スミス主演の、ゾンビではありませんが、ウィルスにより変異した新人類との戦いです。ウィルが出演している作品は、ほぼ鉄板と思っている私ですが、やはり面白いです。

この作品、旧作「地球最後の男」のリメイクなのですが、人の価値観に言及する、実はなかなか意味深い作品です。

アイ・アム・レジェンド (字幕版)

 

28日後...

この映画を観て、衝撃を受けたのを憶えています。ゾンビが全速力で走ってるんですよ。

これまでノロノロ歩きだったのに、猛烈な勢いで追いかけてくるんですから。めちゃくちゃ恐怖ですよ。続編に「28週後...」があります。

28週後… (字幕版)

 

ドーン・オブ・ザ・デッド

ウィルスの影響でゾンビ化したのですが、詳しい背景は省かれています。ゾンビ=夜というイメージだったのですが、冒頭は平和な住宅街が舞台で、日の上がっている朝から始まります。

ドーン・オブ・ザ・デッド (字幕版)

 

新感染

韓国の作品です。原題は「Train to Busan」のとおり、新幹線にかけた邦題で、釜山行きの電車が舞台になっています。迫力という迫力では、他の作品が勝りますが、電車の中という閉鎖されて空間が、これまでにない怖さを感じさせます。

なお、ヒロイン?を演じている、チョン・ユミが美しいです。前日譚を描いているアニメ映画「ソウル・ステーション/パンデミック」があります。

新感染 ファイナル・エクスプレス(字幕版)

 

ウォーキングゾンビランド

ゾンビ映画なのですが、アメリカドラマの「ウォーキング・デッド」のパロディなので、怖さよりも面白さを感じてしまう作品です。くだらないのが、楽しめます。

ウォーキングゾンビランド(字幕版)

 

バイオ・ハザード

ゾンビ映画といったら、この作品ですね。日本人なら知らない人はいないでしょうか、特に言うことはありません。アメリカよりも日本で人気だから、日本人にウケるように作られているらしいです。

バイオハザード (字幕版)

 

以上、難しいことを考えずに、ハラハラドキドキすることで、日頃のストレス発散にゾンビをお役立て下さい。