東京で働くサカマタの社畜ブログ

仕事観・稼ぐこと・生活していく中で日々学んだ内容を綴っています。

ブログで稼ぎたいなら1記事を1,000文字以上で書くという

さぁブログを始めてみようと考え、どうせやるなら収益を上げて稼ぎたいと思い、調べてみると「ブログで収益を上げたいなら、1記事を最低1,000文字以上で、それをまず100記事書いてみましょう」というコトが多くあります。

なぜ1,000文字以上が必要なのか

Google含め、SEO対策の一つとして、ある程度のボリュームがないと、検索にひっかからないということが考えられますが、ユーザーが求めているものであれば、1,000文字に限らず、500文字、100文字でも良いかと思います。しかし、調べていく中で、「ユーザーが知りたい情報、求めている情報を丁寧に書いていくと、自然と1,000文字は超えてくる」というものもありました。

つまりは、何文字の記事であろうと、ユーザーが求めている内容が書いていなければ、1,000文字以上でもゴミ記事でしかなく、欲しい内容であれば、100文字だとしてもプレミアム記事となるわけです。

ただ、100文字以内でユーザーが求める記事を書くとなると、芸能人、各界の著名人など、そもそもその人自身が求められる対象であったりするので、極論その人が発信している内容であれば、何でも良いわけです。しかし、まったく知名度が無い私のような凡人には、それは難しいというか不可能なので、やはり、ある程度のボリュームがある、記事を発信していくしかありません。

1日1記事を続けて3ヶ月で100記事を目指す

1つの記事に、1,000文字以上のボリュームが必要であるように、記事数もある程度のボリュームが必要になり、多くは「1日1記事を書いて、まずは100記事にしよう」と言われています。

休日などの時間がある時なら、1日で2記事書けることもできるので、およそ3ヶ月で達成できるかと思います。3ヶ月経つころには、見てくれるユーザーが徐々に増えていくのが体感できるようで、100記事書くことが「ブログで稼ぐ」ということでの、スタートラインに立つということになります。

なかには人気になる記事、いわゆるバズ記事を書くことができれば、一気にアクセスが増えるケースもあるようです。SEO対策に詳しくボリュームと質の高い記事を作成できたり、他のブログにはなく話題になるような面白い記事を書ければ良いのですが。

他に気にすることは無いのか

ツールを使ってキーワード抽出をし、検索ニーズを探った上で記事タイトルや内容を決めるのが良いのでしょうが、私の場合、いまのところはインプットしたことを、ブログでアウトプットすることで、自身の理解を整理したり、より掘り下げたりして、なおかつ他の人にも役立ったら良いなぁというレベルなので、シンプルに「1記事を1,000文字以上で書く」を目標にしています。