東京で働くサカマタの社畜ブログ

仕事観・稼ぐこと・生活していく中で日々学んだ内容を綴っています。

私がたどった薄毛・ハゲ予防対策の軌跡

男たるもの薄毛・ハゲとの戦いは年齢とともに、その激しさを増していきます。ただ、最近では生活習慣の変化が影響してからか、女性も薄毛・ハゲとの戦いが増えているようですね。

対策に掛かるコストを考えると、甘んじて、その運命を受け入れるという選択もありましたが、できる限り私はずっとハゲたくないので、予防という選択をしました。

今回は、その軌跡について、ご紹介いたします。ものすごくショートな軌跡です。

ストレスが原因で薄毛になってきた

当時、トラブルの絶えない職場環境で、かなりのストレスがたまっていました。また、毎日、お酒の場もあり、睡眠は1日に2〜3時間で疲労もたまっていました。ただ、若かったこともおり、何とか乗り越えていました。けれども、徐々に身体にあらわれ始めたのか、肌荒れの症状がでてきました。もともと、肌が強くないのもあって、内臓系ではなく、肌にきたかもしれまんね。まぁ、そもそもストレスは肌に出やすいでしょうし。顔やおでこも荒れてしまい、そこからの痒みから、掻いてしまうのが悪く、毛が抜けてしまうんですよね。始めは気にしてなかったのが、やはり徐々におでこが広くなるのが目に見えてきました。ほか箇所の髪も心なしか元気がなくなってきて、これはヤバイと思い、対策を取ることにしました。

インディアンシャンプーを使ってみた

まずはネットで予防対策について検索をしました。そこで、見つけたのがインディアン伝承の成分が配合されているインディアンシャンプーでした。インディアンは髪を大切にしており、ハゲている人が少ないそうで、特定の成分を髪や頭皮に使っているからという理由でした。藁にもすがるというのは、この時がそうでした。半信半疑で使ってみると、たしかに元気を取り戻したように感じました。けれども、薄くなったところの改善までにはいきませんでしまた。この時はシャンプーだけでなく、頭皮洗浄用のヘアブラシをついてきて、一生懸命かつ丁寧に洗っていました。

AGA治療の病院にいくことにした

今でこそCMや広告でみることが多くなったAGA外来ですが、当時は今ほど多くありませんでした。これもネットで見つけて、早速行ってみました。診察を受け、内服薬を処方され、まだあまり知られていなかったアンファーのシャンプーを購入しました。言われたとおりに、薬を飲み、シャンプーを使っていたら、みるみる毛が生えてきました。こんなに、すぐ改善するな、早く行けば良かったと、とても感激しましたね。ストレス起因より以前から、もともとつむじあたりも薄かったのですが、それも改善されたのには、ホント驚きましたね。メリットだらけで言うことありませんでしが、デメリットととしては、コストがかかることですね。私のかようクリニックは、薬の服用ペースによって変動しますが、毎日服用だと月額24,000円かかります。私の場合、今は維持ということで、1日おきにしているので、12,000円ということになりますね。通院当初は発毛が目的でしょうから、毎日服用が最適です。

発毛治療をして思うこと

たしかにコストはかかるものの、今思えば対策をしていて良かったなぁと、つくづく思います。まあ毛が無ければ無いで、その状態を受け入れているから、大丈夫なのでしょうけど。ただ、私の場合は髪があることで、その他の身なりにも気をつけるモチベーションとか自身に繋がっているので、毛が無いコトを想像すると、少々おそろしく感じます。やってて良かった発毛治療です。